魔王様!リトライ! あらすじ

1巻で世界が完結するMMORPGの話です。
漫画は結構出ているのですが、私は活字バカなのでどうしてもライトノベルを選んでしまいます。
ライトノベルは今現在3巻まででいて、それぞれ1巻でMMORPGの世界が完結し、次の巻で新しい世界を最初から作っていく、という話です。
またこれは最近はやりの「小説家になろう」というサイトからラノベ・漫画化したものです。
最近多くておもしろいんですよね。

あらすじ
ゲーム運営会社の社会人「大野晶」はきづくとお異世界の森にいてそこでは自分の作成したプレイヤーキャラクターの魔王「九内伯斗」の姿になっていました。
その状況にお混乱する伯斗ですが森の中で怪物に襲え荒れていた「アク」という少女を助けます。
伯斗はこの世界の情報を得るためにアクを連れて旅に出ます。
小難しいことは考えずにさらっと読めるのがこのラノベの特徴です。
ひどいネーミングの数々、45歳のおじさんが魔王で外海とのギャップなど面白いことがちりばめられています。
後はどんどん出てくる強烈なキャラクターです。
ここでは主要な3人を紹介したいと思います。
・霧雨零(きりさめぜろ)
零とかいて「レイ」ではなく「ゼロ」。
もう中二病感たっぷりですよね。
晶は伯斗だけでなく零にキャラになることもできます。
ただし、九内と違って自分で操作をすることはできず、零は設定された性格のまま硬派で龍の入れ墨を入れたその姿はこの世界の龍人と勘違いされ、魔王と同じように知らないところで世界の住人達から噂になっています。
・桐野悠(きりのゆう)
凄腕の回復役で文句なしの美人女医です。
しかし、マッドな方に研究社魂を傾けているので徹頭徹尾合理主義者のはずが九内のキャラクターとしての生みの親・晶がいることを本能的に感じています。
そのため少し狂気じみた献身ぶりを見せることがあり、それは魔王を困らせてしまいます。
しかし、妄信がとまらないです。
・田原勇(たはらいさみ)
儒家気に愛されるという特殊能力があり、天才とも称されています。
ただそのくたびれたおっさんではないです。
彼も悠と同じく魔王の存在に影響されて、もともともっとやる気のないキャラだったはずが今の要塞をある目的のためにその能力をフルに生かして活動中です。
目的というのは重度のシスコンで、妹をこの世界に呼び寄せてやるという魔王の発言に狂喜乱舞し、拠点を絶対に落とされないようにするべく暴走中でもあります。
魔王と並んでおっさん好きにはツボかもしれない隠れた地味かつ派手キャラです。
とまらない勘違いの連鎖も見どころの一つです。
アニメではどこまで放送するかわからないですが魔王・九内の外見と能力、そして中身の品が持つ話で時に空気を読み、時にそれっぽくごまかし、その場を乗り越えるという行為が発端で勘違い連鎖が起こっていく面白さ。
魔王と例が同一人物であることや単に異世界の常識に疎いだけの行動までもが深読みされうわさされ、勘違いされ、尾ひれ背びれがついて勘違いの連鎖です。
思わず突っ込みをいれたくなるくらい面白いです。
ちなみに魔王こと九内伯斗はこのゲームの犠牲者(アクセス数)4143792人」という膨大な人数の流血と嘆きを生み出した大帝国の魔王であり、恐ろしい存在です。
肩まで伸ばした長髪に鋭い眼光が特徴的。
鍛え上げらえた肉体はほかの追随を許しません。
さすが魔王様ですね。
しかし、中身は一般人のお音も晶です。
見た目と能力だけ九内伯斗に借りているという状態です。
そのため元は人間、しかも一般人で🅂が15年という長いゲーム運営とリアル世界での社旗人生活に鍛えられたのか、あらゆる状況にあわせての切り返し、演技がとっても得意です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました