ありふれた職業で世界最強 あらすじ

「ありふれた職業で世界最強」は「なろう小説」からでたライトノベルです。
今期注目のアニメの1つです。
「ありふれた職業で世界最強」のあらすじとキャラクターについて紹介します。

あらすじ
「趣味の合間に人生」という座右の銘を持ついわゆるオタクでいじめられやすい南雲ハジメはある日クラスメイトと一緒に異世界に飛ばされてしてしまいます。
異世界召喚の際に戦闘向きの職業について能力も桁外れなクラスメイトたち。
しかし、ハジメだけは錬金術師という非戦闘向きの職業でした。
今までと変わらない関係で訓練のためクラスメイトとオルクス大迷宮に行きます。
オルクス大迷宮でトラップに引っかかったクラスメイトにハジメは突き落とされてしまいます。
そこで桁違いのモンスターに出会いハジメは左腕をなくしますが生き延びます。
お腹がすくのを我慢するため魔物を倒してその肉を食べたハジメはモンスターの肉を食べることで猛毒に苦しみ、それを神水を飲むことでやわらげ、そして生き延びました。
そして食べたモンスターの能力を獲得するという技術を得ました。
ハジメは迷宮内にある鉱石などを使って錬成することができるようになりました。
登り方がわからないため、しかたないのでハジメは大迷宮を下に行きます。
道中、襲いくる魔物を返り討ちにしては食べるということを何度もしました。
50階層で封印されている吸血鬼と出会います。
名前を捨てたいという吸血鬼の少女に瞳が月みたいだという理由により中国語で「月」を意味する「ユエ」と名前を付けます。
また、神代魔法という魔法の1つである「生成魔法」で無くなった左腕と右目を制作し、現実世界へ帰る方法を探すべくユエと一緒に旅にでます。
異世界召喚当初のステータスは普通の人とさして変わらないほどでしたが魔物の肉を食べたことで、オルクス大迷宮から出たときはすべてのステータスが高くなりすぎて、天職が勇者のクラスメイトを抜き去りました。

キャラクター紹介
・南雲ハジメ 天職:錬金術師
異世界に召喚されたとき、錬金術師という世界でありふれた地味な能力になり、「無能」のといわれる。
訓練でいった大迷宮で穴に落ち、絶望的な状況でも生きるために魔物を食べることで魔物の魔力や能力を取り込める体質になります。
ユエとはオルクス大迷宮の途中から共に行動するようになりました。
・白崎香織 天職:治癒師
ハジメをかまうクラスメイトの女性。
クラスの男子に人気のマドンナ的存在です。
オルクス大迷宮には入る前日にハジメを守ることを約束します。
・ユエ 天職:神子
元吸血鬼の女王。
金髪で紅の瞳を持つ12歳くらいの少女で、メインヒロイン。
50階層でハジメによって封印を解かれ「ユエ」と名付けてもらいます。
いわゆるクーデレで口数も少ないがかなりの年上でときどき大人っぽいところもあります。
・シア・ハウリア 天職:占術士
兎人族のハウリアの族長の娘。
容姿もスタイルもよすぎるヒロインで良くも悪くも目立ちますがユエやハジメからは「残念ウサギ」などとからわれています。
亜人がもたない魔力をもっていたので、ほかの亜人たちに知られると処刑されるため一族によって隠されていましたが、それがバレて街から離れたところで帝国軍に見つかったところをハジメに助けられました。
その後、ハジメとユエと共に旅をすることになります。
・ティオ・クラルス 天職:守護者
竜人族の姫。
ある調査をするために里から出てきたが、竜人族の隠れ里から出てきていたが、洗脳され竜化して冒険者を襲っていたところをハジメの手で商機に戻させる。
正気に戻させるハジメのパイルバンカーを竜化状態の自身のお尻に突っ込まれぐりぐりされたせいでちょっとした趣味に目覚めます。

ぼやかしてきましたがネタバレすると面白くないので、あいまいな表現をしています。
一度見てみてください!
きっと気に入ると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました